オールインワンゲルが通常の基礎化粧品よりも劣っている点

フィトリフトオールインワンジェル

オールインワンゲルは、化粧水や乳液、クリームや化粧下地などの機能を一つのアイテムに集約している化粧品で、多くのメーカーから販売されており、様々な世代の女性に愛用されています。

 

支持されている理由としては、アイテムを一つにまとめることでスキンケアにかける手間を省くことができることや、たくさんのアイテムを買わずに済むため経済的といった声が上がっていますが、反対にデメリットもあります。

 

オールインワンゲルが基礎化粧品に対して劣っている面

オールインワンゲルが基礎化粧品に対して劣っている面としては保湿力が挙げられます。
一般的には洗顔後のスキンケアは化粧水の後乳液、美容液、クリームといった基礎化粧品が使用されるため、それぞれのアイテムに適した成分が相互的に作用し、肌に潤いを与えたり肌年齢を低下させるアプローチができますが、オールインワンゲルの場合一つのアイテムのみを使用しますので、すべての成分を配合しているわけではありません。

 

ゲル状のテクスチャーに仕上げるために、配合できない成分もありますし、美容液のような浸透力やクリームのような保湿力が得られないケースもあります。

 

美容液には高級な美容成分が配合されているものが多く、クリームは肌表面に蓋をする役割がありますが、オールインワンゲルはそのような点が少し劣っていると言えます。

 

>>TOPページへ

 

オールインワン化粧品の手抜き感一切なしのこだわりゲル!

 

フィトリフトオールインワンジェル公式サイトへ